食べれば美肌になれるかも!?『美白』に効果がある食べ物10選

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

1.美肌とは

98167d59907efffe73e129c2d2220bd8_s

誰からも美肌と言われる人の共通点はシミやしわがなく、張りがあり、しっとりと潤った透き通るような白い肌だと思います。なかでも白い肌は多少の悩みを感じさせないくらい大きなポイントだと思います。

2.美白になるには

37692716e516d54054338ce1a5ba6ce1_s

地黒だから、とあきらめずに日々努力すれば今以上に色黒になることはなく美白を目指せます。それには夏場だけではなく最低でも5月ごろから日焼け止めを活用するようにしましょう。

またそれだけではなく日傘や帽子などを活用して紫外線対策をすることが大切です。そして天気に関係なく曇りの日でも日焼け止めは必ず塗るようにしましょう。

忘れがちなのが日焼け止めをきちんと落とすこと。洗顔にも気をつけてください。そのほか睡眠や腸内環境、運動やスキンケアも大切です。

3.食べ物で美白を目指す

美白のために大切なのはビタミンCだと言われています。ビタミンCが多く含まれている柑橘類を摂取するようにしましょう。

ただビタミンCは身体に蓄えられる量が決まっているため一度にたくさん摂取するのではなく、毎日一定量を欠かさずに摂取する事が大切です。

またビタミンCはビタミンEと一緒に摂取することで相乗効果を発揮してさらに美白効果がアップして高い効果が得られます。ビタミンEはナッツ類、アボガド、えごまなどに含まれています。

そしてビタミンCが圧倒的にたくさん含まれているのが「アセロラ」でレモン果汁の約35倍もの量が含まれています。

他には、いちご・キウイフルーツ・グレープフルーツなどの果物類、ブロッコリー、ほうれん草、赤ピーマンなどの野菜類にも豊富に含まれています。

4.食べる時間も大切

meat-569073_640

美白に最適なビタミンCですが、朝食に柑橘類を食べて外出し紫外線を浴びるとシミや色素沈着を引き起こす可能性があります。

せっかく美白になりたくて柑橘類でビタミンCを摂っているはずが逆にシミをできやすくしているかもしれないのです。

美白のためには柑橘類は夕食などに食べることをおすすめします。

5.そのほかのおすすめの食べ物

はちみつは保湿効果が高く顔パックに使用すると肌に潤いを保つことができます。さらにビタミンCも含まれているので、美白効果も期待できます。

保湿力によって角質が除去されビタミンCが浸透しやすくなるからです。ひとつだけ注意することは100%純はちみつを使うことです。

それからヨーグルトも美白に効果があるといわれています。

6.大切なのは続けること

e6b1445ddf59d85f62089e3f8bd8c959_s

夏の日焼けが気になったときだけこれらの食べ物を食べてもあまり意味がありません。毎日いろいろな方法で飽きないように楽しく続けて食べるようにしましょう。

これからでも美白を目指して頑張ってみましょう。




Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone