冬が旬の春菊は栄養満点!女性にうれしい春菊の美容効果5つ

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

爽やかな香りで、お鍋の名脇役というイメージの「春菊」ですが、その栄養価や美容効果は主役級です。

独特の強い香りと元気な緑色には、いかにも美容や健康に良さそうな雰囲気が漂っていますよね?

そんな春菊に秘められた驚きのパワーをご紹介します。

1.食べる風邪薬

7995f289c9f29e90a51d28fb40261f72_s

古来から漢方薬として珍重されてきた春菊には「食べる風邪薬」と言われるほど、優れた効能があります。春菊の強い香り成分は、自律神経に働きかけて咳や痰を鎮めます。

豊富に含まれるβ‐カロテンには免疫力を活性化させる働きがあるので、風邪をひいたり、疲れて体が弱っている時には春菊を食べるようにしましょう。

2.美肌を保つ効果

3d11eb4d44968ba84de5f102f2c7fda3_s

春菊に含まれるβ‐カロテンの量は、野菜の中でもダントツです。体内でビタミンAに変わるβ‐カロテンは、女性にとって重要な役割を果たします。

荒れた肌を修復したり、潤いを保って乾燥を防いだり、粘膜を守る働きなど、女性が美肌を保つ上では欠かせない存在です。

さまざまな肌トラブルを防いでくれる春菊は、女性のための万能薬ですね。

3.胃腸の働きを助ける

7915bd1989c382de5ff0f38871521659_s

春菊に含まれる緑色の成分「クロロフィル」には整腸作用があります。腸のぜん動運動を活発にして老廃物を排出し、デトックス効果も期待できます。

また、腸内の血液を浄化する働きもあるので、特に貧血気味の人にはおすすめです。独特の強い香りには、消化を促進させて胃もたれを解消したり、食欲を増進させる働きもあります。

4.免疫力UPで病気を予防

64713c317c7bbfa499fb8e2aa75b5d85_s

β‐カロテンの粘膜を守る働きが低下すると、さまざまなウイルスや病原菌が体内に入りやすくなってしまいます。春菊の豊富なβ‐カロテンを摂り入れる事で、傷ついた細胞や粘膜を保護し、免疫力を高める効果が期待できます。

また、春菊に含まれるクロロフィルがコレステロール値を下げたり、血栓を防ぐなど、生活習慣病の予防にも効果が認められています。

発がん物質の抑制効果も確認されているため、まさに万能薬のような野菜ですね。

5.ストレス緩和やリラックス効果

a0002_008649

春菊に含まれる香り成分「アルファピネン」には精神を安定させるリラックス効果があります。特に女性は生理前の感情の乱れでイライラしたり、生理不順などに悩まされている人も多いと思います。

春菊を食べると、森林浴をしているのと同じような効能があり、女性特有のストレスも緩和します。

まとめ

いかがでしたか?春菊の元気な緑色の成分には、肥満を防止して痩せやすい体に整える効果もあります。

美味しく食べてダイエットにもつながる栄養満点の春菊は、まさに自然の恵みのサプリメントですね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone