美肌に効果的!ニキビに効く食べ物と積極的に摂取したい5つの栄養素

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

ニキビは大人になっても悩ませるもので、もしかしたら肌荒れや普段の食事がニキビをつくりだしているかも知れません。ニキビになりやすい肌は、ビタミン不足が原因となっています。

ビタミンが不足してしまうと毛穴に皮脂が増えすぎて詰まり、ニキビになる原因をつくっています。

皮脂を正常に排出できれば、ニキビも改善され美肌効果にも期待できます。そこで、美肌効果もあり、ニキビを改善する食べ物を紹介していきます。

1.ビタミンA

eca78e8d603fdd992ca56a9adcd802b4_s

アクネ菌は誰にでも存在する菌ですが、正常であれば弱酸性肌を保つ働きがありますが、異常に増大させるとニキビをつくりだしてしまいます。

ビタミンAを摂取すると正常な菌になる働きを高めます。

ビタミンAが多く含まれている食べ物

豚・牛のレバー・卵・緑黄色野菜に含まれています。

2.ビタミンB₂

744673f78fd7fa858750ece9204a2956_s

ビタミンB₂が不足してしまうと、肌が脂肌となり必要以上に脂質がでてしまい、ニキビをつくりだしています。ビタミンB₂を摂取すると、正常な肌となり脂性を改善する働きを高めます。

ビタミンB₂が多く含まれている食べ物

肉類・卵黄・緑黄色野菜に含まれています。

3.ビタミンB₆

ffedd5238bb0dd02352992e587ac5e21_s

ビタミンB₆が不足してしまうと、肌のターンオーバーに異常ができ、肌荒れのトラブルがおきニキビをつくりだしています。ビタミンB₆を摂取すると肌荒れを防ぐ効果に期待でき、ターンオーバーを正常に戻す働きが期待できます。

ビタミンB₆が多く含まれている食べ物

レバー類・卵・乳製品・魚類・豆製品・バナナ・に多く含まれています。

4.ビタミンC

5621acc00ca403a7d1ab7278e2fa84f6_s

ビタミンCが不足すると、肌のトラブルに関係があるストレスを増加させてしまいます。それにより、肌トラブルがおき、ニキビをつくりだしてしまいます。

ビタミンCを摂取すると、ニキビの炎症にも効果が高くニキビケアとしても期待されています。また、ストレスによる皮脂の過剰な分泌を防ぐ効果が高いとされています。

ビタミンCが多く含まれている食べ物

緑黄色野菜・果物・に多く含まれています。

5.ビタミンE

02025eb7473750ce48c913534f4356b8_s

血液の流れに関わっているビタミンEは、不足してしまうと栄養成分・酸素の必要量を不足させてしまいます。

それにより、肌に栄養不足を加速させてしまい肌トラブルやニキビをつくりだしてしまいます。ビタミンEを摂取すると、血流を改善する効果が高いので、栄養・酸素を運ぶ機能が高まります。

ビタミンEが多く含まれている食べ物

トウモロコシなどの成分の食用油・大豆類・穀類・緑黄色野菜に多く含まれています。

ビタミンは体調管理に大事な成分ですが、必要以上に大量摂取すると肌トラブルを増加させる働きがありますので適度な量の摂取の心がけが大切です。

特に妊娠されている女性・授乳時期のビタミン大量摂取には子供の成長の、トラブルになる可能性が高いので注意が必要です。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone