【コスメレビュー】ただの100均化粧水じゃない!セリア「豆乳イソフラボン」の3つの魅力

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

100均の化粧水でも、肌が潤ってくれてしっかり保湿してくれる優れものの化粧水がたくさんあります。

たったの100円で肌がしっとりしてくれたり、透明感が出るなど意外と侮れません。

その中でも、使ってよかったセリアの化粧水「豆乳イソフラボン」を紹介しましょう。

1.べたつかず使い心地抜群

Koharu Yamatoさん(@_ymt11)がシェアした投稿

セリアの豆乳イソフラボンは絹肌物語というシリーズの1つです。

さらっとしたテクスチャーですが保湿成分もしっかり含まれていますから、乾燥から肌をしっかり守ってくれてしっとりした肌になれます。

水のようなサラサラタイプでコットンでも手でも付けやすいし、ぐんぐ肌に入っていってくれます。

たったの100円ですから惜しみなくたっぷりと使えて、かさつきが気になる部分には重ね付けしてあげるとバッチリです。

2.豆乳発酵液の保湿力の高さ

スキンケアをする女性

保湿成分にはグリセリンやトレハロースなども入っていますが、メインとなるのが豆乳発酵液です。

豆乳に含まれているイソフラボンという成分が保湿の要になっていて、しっとりなめらかな肌を作ってくれます。

イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲン代わりになる成分で、美肌作用を持っていますから保湿だけでなくハリアップやきめ細かい肌を作ってくれるなど、様々な働きをしてくれます。

肌の内側からもっちりした感触が感じられて、夜たっぷり塗って寝ると翌朝でも肌が乾燥していなくて長時間保湿してくれているなんだんと実感できます。

他にもローズマリーやローマカミツレエキスなどの植物由来エキスがたくさん入っていて、100円とは思えないほどのクオリティだなと思います。

3.低刺激で肌に優しい

46fd1cc74300ba15951c5a7b3222c08d_s

100均の化粧水だと添加物も多くて肌荒れしそうなイメージがありますが、実はセリアの豆乳イソフラボンは肌にとても優しいです。

肌に優しい弱酸性だから刺激もありませんし、無香料無着色で低刺激です。

乾燥肌で肌に合わない化粧水を使うとすぐにピリピリした刺激を感じて、使っているうちに肌が赤くなってしまうタイプなんです。

しかし、セリアの化粧水は全くそんな刺激はないし、肌荒れやニキビができたことも一切ありませんから、とても肌に優しいです。

4.ハンドプレスでもコットンでも使える

化粧水をつける女性

基本、化粧水はハンドプレス派なんですが、緩めのテクスチャーのセリアの化粧水はコットンでもいい感じに仕上がります。

ハンドプレスでじっくりとなじませながら入れ込んであげると手が吸い付くような感じになりますし、コットンで優しくパッティングしてあげるとむらなく広げやすいです。

惜しみなくジャバジャバ使えるので、コットンパックしてあげるとより肌がしっとりしてくれて、くすみもすぐに飛んで透明美肌になれてしまいます。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone