シンプルでエコな洗髪法「湯シャン」のメリット・デメリット

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone

シャンプーやコンディショナーを一切使わずに、お湯だけで髪を洗う「湯シャン」を実践している人が増えています。

ほとんどの人が毎日当たり前のようにシャンプーを使って洗髪していると思いますが、湯シャンをする事によって髪や頭皮にはどのような変化が起きるのでしょうか?

1.正しい湯シャンの方法とは?

woman-918458_960_720

湯シャンと言っても、いきなりお湯で髪を洗い始めるのではなく、髪を濡らす前に必ず自然素材の櫛や柔らかいブラシで丁寧にブラッシングをしてから行います。

これによって、髪の汚れは半分以上落ちるそうなので重要なポイントです。

シャワーの温度はなるべく体温よりも低めのぬるま湯が理想ですが、季節によっては寒く感じるので、湯船で充分温まってから行えば毛穴も開いて汚れが落ちやすくなります。

指の腹を使って頭皮の汚れを浮かすイメージで、優しくマッサージするように洗いましょう。

2.湯シャンによって得られるメリットとは?

model-429733_960_720

シャンプーを泡立てて髪をゴシゴシ洗うのは爽快感がありますが、皮脂を余分に取り除きすぎて、地肌を乾燥させてしまう事があります。

お湯だけで洗う湯シャンのメリットは、頭皮に本来必要な皮脂まで取り除きすぎないように洗うので、皮脂の持つバリア機能を壊さずに乾燥や抜け毛を防ぐ事ができます。

また、合わないシャンプーを使って髪や地肌にトラブルが起きたり、シャンプーの刺激が強すぎる事で悩んでいる、乾燥肌や敏感肌、アトピー性皮膚炎の方には髪と地肌にとても優しい洗髪法です。

皮脂本来の働きを守る事で、自然に艶やかな潤いのある髪になり、頭皮の健康状態を保ちます。シャンプーやコンディショナーを使わない分、すすぐ時間もコストも減らす事ができます。

3.湯シャンのデメリットとはどんな事?

beauty-15932_960_720

香りのあるシャンプーやコンディショナーを使わない事で、初めのうちは頭皮の匂いが気になる事がありますが、正しい湯シャンの方法を実践していれば徐々に軽減していきます。

ただし、日頃ワックスや整髪料を使用していたり、脂症の方には湯シャンは不向きです。お湯のみでは洗い流せない成分が残っているとベタつきや匂いが発生し、かえってダメージを与えてしまいます。

湯シャンを行うには人それぞれの体質や生活、季節によってメリット・デメリットがあるようです。

整髪料などを使った日は必ずシャンプーで洗髪し、外出をしなかった日や汗をかかなかった日は湯シャンにするなど、状況に応じて徐々に試してみるのも良いですね。

Share on Google+0Share on Facebook0Tweet about this on Twitter0Email this to someone